So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2017.09.20 喫茶茶会記 [2017年]



IMG_20170920_185532.jpgIMG_20170920_185532.jpg

IMG_20170920_185532.jpg



四角いアコーディオンのような楽器。

寝息のように心地いい音。

そして、軋み出す...

.....あっ、電車の連結部分のような音。

好きな音だ。


今日は、鏡が半分空いていて

それも いい景色だ。


気持ちいい感覚になる。


このところの職場でのくさくさ感が落ち着く。


一時期、はまったクレイアートの中の音を思い出す。


体を動かす、

体が動くとは、

違うことだ。

動いてしまうというのも

違うことだ。



IMG_20170920_190338.jpg



鏡に映る姿や影の方が

目の前にいる姿よりも ほんとうな気がしている。


途中、眼鏡をかけた。

表情がよく見える。


だんだんと眠くなってくる。

居眠りをしそうになる。

むしろした・笑

目をつむるとすぐに夢の物語がはじまり、

目を開けても 別の夢が続いているようにも感じた。


次第に 私は、足の裏に地球を感じた。

感じ、そして、

その感覚のまま、何かが見えそうになるけれど

わからずじまいだった。


楽器が、ふぅーーーっとつくため息が気持ちよくて

ぬくぬくとした布団の中にいるような感覚のままだったように思う。


途中、壁が倒れた。

Margaticaさんが、自然と受け止め、

そのまま場は流れた。




IMG_20170920_193655.jpg



IMG_20170920_193631.jpg




2017.09.20

喫茶茶会記

たまさかvol.7

たまさかカルテット 第二弾

(出演)
ノブナガケン (percussion)
鈴木ちほ(bandoneon)
森下こうえん(performance)
Margatica(mai,organizer)





IMG_20170920_190331.jpg



どうしてもお腹が減っていたので

ツナご飯を作ってもらいました。

小腹がおさまりました。

お客さんからの差し入れのパウンドケーキも頂いて、ふふふ...





共通テーマ:音楽

2017.01.13 (金) 渋谷クラブクアトロ [2017年]

今年初のライヴ。

仕事を終えて開演15分前につく。

でにわしの身長ではステージが見られない状態だった。

ステージに向かって左側、ドリンクバーの前あたり。

いる位置を間違えた...

そう気がついた時には、完全に移動不可能になっていた・笑。

本当に久しぶりの立ちライヴ。

ほぼ見えないことと、

脚の痛みとにんにく臭い誰かのせいで 気持ちが沈む・笑。

一斉の拍手、ステージ上には、

大天使のように白く輝くエンケンさんがいた。

なんという佇まいだろう。

わしの目に、表情は見えない。

音が会場に響くというか轟く。あの声が放たれる。

そして、ドラムのところに座る。

久しぶりに聴くドラムの重たく気持ちの良い音。

そして、踊っているような腕の動き。

力強く繰り返される低重音がエンケンさんの鼓動のように思えた。

暗い会場に赤いライト。

その赤が天井のライトの側面を光らせると

まるで赤い炎のようにいたるところで不規則な揺らめきを作る。

天使だったエンケンさんが光背を背負った不動明王のように見えてきた。

怒涛の如くに放たれる音の後のピアノは...

まさにレインチャイムのような音からはじまる。

雨音をゆったりと聞いているような心地よさだった。

人が奏でているというよりも

水音のような木々の音のような

木洩れ日の音のような(実際にはないかもしれない音だけど...)

なんとも作為がないような無垢な音だ。

そんな音から始まるピアノソロのCDは、

最近買ったCDにはない夜中に聞いていても安心な音たちの集合体・笑

久しぶりの大槻さま、

違う曲で聞きたかったかも・笑

大友さんは、全く見えず

ネックの先が5cmくらい見え隠れする感じか?

とても寂しい...

エンケンバンドの格好いいこと。

トシさんのドラムがすごく響いて

心底気持ちがいい。

お目当て二人があまり見えなかったくさくさ感を吹き消してくれた。

最後ステージで左端に大友さん、右端に大槻さま、

なかなか感無量でした。

ひとことずつ「俺が○○だ」と言っていく下り、

大友さんは「すいませ~ん、大友です」と、

お約束のような返し。

「夢よ叫べ」は、この日のように寒く凛と澄んだ空気の中、

天に煌々と輝く月を仰ぎみているような美しさだった。

遠藤賢司さんのギターの音色、

こんなにきれいだったんだなぁと...

そして歌声、

すべての言葉が無垢なままストレートに容赦なく心に響く、

涙がこぼれないようにしばしば上を見て

聞いていました。

RIMG0017.JPG

ぼけぼけ....

20170113_chi_b_900.jpg

 

2017年1月13日 渋谷クラブクアトロ(東京都渋谷区)

祝 ! 生誕70年「エンケン祭り」

open 18:00 / start 19:00

出演


 遠藤賢司、エンケンバンド(遠藤賢司、湯川トーベン、石塚俊明)フラワーカンパニーズ、

鈴木慶一、PANTA、遠藤ミチロウ、大友良英、大槻ケンヂ、曽我部恵一、他



共通テーマ:音楽

2015.04.18 六本木Super Deluxe <INCAPACITANTS> <MOST> [2015年]

ひさしぶりのINCAPACITANTS、

むかーし、初めて聞いた時、

「うわー、駄目、これうるさすぎる。」となった・笑。

RIMG0041.JPG

ただ、終わった後のお二人のすごいさわやか感が本当に不思議だった。

『ああ、本当に楽しんでるんだなぁ。』と思った。

当然、わしのような初心者でなくほかのお客さんもニコニコで楽しい様子。

それから、何度か聞くうちにわしも楽しくなりました。

RIMG0040.JPG

RIMG0039.JPG

今日は、本当に繊細で緻密で、それでいて大胆に聴こえた。

デジカメが上手く撮れない。

コサカイさんが中央にくるたびにかぶりつき状態。

近くまで来たのだけれど、自分がとても撮れる状態でなく残念。

ラストで機材をどうするか、ドキドキした・笑。

お客側からは、いつものように...という期待感と

前列のお客のちょっとどうしようかな...感が入り乱れ、

台ごと高く掲げ、下に落として終わった。

DSC00003.JPG

DSC00004.JPG

この日も 仕事から六本木Super Deluxeへ行った。

つくとすでにビルの脇まで人が並んでいた。

『ああ゛、全く見えないなぁ』

かなりの気落ちで会場へ入る。

けれど、ステージ前には2列位で真ん中はわりとすかすかしていた。

とりあえず、人影からでもステージが見られたらいいなぁと

2列目のほぼ中央に立った。

DSC00010.JPG

DSC00007.JPG

最初のINCAPACITANTSでは、

スピーカーの前ではなかったので 耳もやられなかった・笑。

MOSTのセッティング中、

左の方から「モッシュする?」「ダイブする?」と聞こえてくる。

なんとなく、人が詰まってきて

なぜかPHEWさんのスタンドマイクの真ん前になっていた。

DSC00011.JPG

 音とともに『やばいかも』と思うと同時にどっと全体が動き、押された。

『どうしたものか...』どうにか、左手でアンプを抑えたけれど

本当に久しぶりだったので「死ぬかも」と思うも

『いかん、このままではステージにへたれこんで終わってしまう』

ということで がんばってみた・笑。

50㎝と離れていないPHEWさんをみあげつつ、

『昔、ライヴでオーケンをこのくらいに見た時に胸毛がちょっとあったっけ』

などど思うゆとりもなく、後ろから押され続けていると

『くそぉ、後ろの奴ら楽しみやがってぇ』と、

やさぐれたやくざな心に火がついて がんがんに後ろに押しまくってしまった。

かとうみほさんが後ろにいるのを忘れていた。

ステージ前に置かれていた荷物が散乱しつつ、

足元にぱらぱらといろいろなものが落ちはじめた。

けれど、自分は、自分の大き目のかばんを左足とステージではさみキープしつつ、

後ろの奴らに踏まれないように死守しました。

手元のデジカメの入った小さいカメラをステージに置かせてもらい、

腰に巻いていた上着がこすられて毛玉になりそうだったので

腰からはずし、膝あてにすべくステージとひざの間に当てた。

DSC00009.JPG

山本さんは、マスクをしていたのでメガネが曇り始めていた・笑。

途中、「マスクをしていて悪い例、、、」的なことを誰に言うともなくいいつつ、

薄めの色のサングラスに替えていた。

鍛えてもらった筋少と特撮のライヴでは前列には必ずサクがあり、

サクもないようなあんな激しいのは初めてでした。

「きついのも辛いのも最前列の喜び」という呪文を唱えつつ、

「前列でセンターは、当時でも避けていたのに...」と苦笑い。

そして、横からの押しには思いのほかこらえずらく、横の子が完全にこけた。

すまないが見ず知らずの人だったので(笑)避けさせて頂きました。

それにしても、いいドラムだったなぁ。 あのドラム好きだなぁ。

とはいえ、MOSTのライヴは2度目だったりして

しかも曲もわからずだったけれど、ノレました。

考えてみたらステージ上もお兄さんとお姉さんなのだから

腰痛もひざの痛みにも負けてはいられない・笑。

右横の人たち、山本さん側は完全に足元のアンプに突っ伏し気味で

「人間の手すり」と化していた。

性格的にあそこまでされたら

条件反射的に後ろの人を殴ってしまうかも...と思うも

(この体制なら、ひじ打ちだね・笑)

とてもうれしそうに楽しそうに押されている彼らを見て

「ああ、そっか、あんなんでもこんなんでも楽しいものなんだ」と

わかる奴にしかわからない感情を思い出しつつがんばりました。

本当に汗があごから滴り落ちるくらいのライヴでした。 

気持ちよかった。

また、行きたいなぁ。

ちゃんと鋲付の指輪とブレスレットつけて

冥土の土産にライヴ人生二回目の

拳というものを突き上げてみたいものだと思った。

DSC00013.JPG

ラストでは、コサカイさんの股間がほんの5センチくらいかな? 近い...

そして、わしの右肩先からダイヴ。

コサカイさんの靴のつま先がこつんこつんとわしの頭を小突いていきました。

そして、お客のでかいのがダイヴ...

引き摺り下ろしたいのを我慢。

昔、銀杏BOYSのライヴの時にお客が次々に頭上を飛び交い

ダイヴしまくるのであまりにむかつき、下手な奴は、

(女の子にはしなかったけど・笑)

事毎、手すりの外に突き落としていたら(やはり前列にいたので)、

警備の兄ちゃんに「なんてひどいことをするんだろう」

という目で見られたけど、、、

その子たちを警備の人達が受け取ってました・笑。

何といいわれようが、そんなのは知ったことではないし、

アーティスト様なら許せるが、

見も知らぬ小僧など奈落の下に落としてやる・笑。

やるほうも見ず知らずの人に命を預けないようにしていただきたいものだ。

DSC00014.JPG

山本さん、あんなにむちゃくちゃ弾いているようで

やっぱりちゃんと弾くべき弦(コードというのか?)を弾いているのだろうかと

改めて思うほどの超高速で弾いていました。

弦もよく見たら切れとるし... 

やっぱり翌日は筋肉痛になるのだろうか? 

でも、野良仕事のあとよりも体は痛くない。

ちゃんと筋力アップして今年こそは痩せようと

こんな夜中にマドレーヌを食べて思うのでありました。



2015.04.18 六本木SuperDeluxe

MOST INCAPACITANTS

MOST

Phew (vo),
山本精一(g), 山本久土 (g), 西村雄介
(b),
茶谷雅之 (ds)

INCAPACITANTS

T.
美川 (electronics, vo), コサカイフミオ (electronics,vo)



開場 19:30 / 開演 20:00

SuperDeluxe presents:
ショート・シャップ・ショック



入場料(一人): 予約3000 / 当日3500 (ドリンク別)





共通テーマ:音楽

2015.04.14 plan-B [2015年]

RIMG0002.JPG

RIMG0008.JPG

RIMG0009.JPG

雨だというのに満員で座りきれずに

舞台の両脇に3人掛のマットが追加されたので そこへ移動した。

舞台だけではなく、左を向くと客席も見られるという

とてもおもしろい席になった。

次第に暗転。

泯さんの気配がする闇の中。

その中で泯さんの挨拶というかお話。

「冷たい雨の中をありがとうわけあって

お話は、わりと長くたくさんだったように思う。

すべては覚えていませんが。

RIMG0011.JPG

RIMG0013.JPG

泯さんが移動する気配。

「今、どのあたりにいるかわかりますか」と問いかけてみたり

「あれ、全く違うところにいる...」などといってみたり、

不思議な始まり方。

壁に当てた間接的な明かり。

黒い着物をまとい、壁沿いに這い出てくる。

音はなく、観客席からのかすかな物音と外の車の音、

泯さんの蠢く本当にかすかな音。

暗転での泯さんのお日様のような屈託のない声とは、

まったく別の異質な姿。

あれはなんだろうか。

土塊だろうか? 芽吹く前の種だろうか? 

瞬くようにライトがすこし明るくなってきた。

舞台の左側の壁の少し手前に立てられた

一畳ほどのついたてによって舞台の闇は保たれている。

 ・

壁に沿って動く泯さんと影、その動きに意味があるのか、ないのか。

衝動なのか? 

闇と光と影は、子供の頃に見た窓に張り付いていたヤモリを思い出させた。

動く肉体には何が入っているのか、宿っているのか? 

肉体というものとも違った何ものかになっている気がしてくる

ほぼ中央につられている電球をカチッとつけた。

大きく動く時に がりっがりっと音がする。

足の甲を床につけ、爪が当たる音。

動きと共に呼吸と息遣いも聴こえてくる。

ライトの向きによって、きっと正面左右と見え方は違うのだろう。

つま先、指先、頬、首筋、背筋、

何かに引っ張られて天から操られているようにも見えた。

そして、本人よりもより軽やかに踊る影。

ライトの周りで前後に動くことで視覚がいろいろな絵を見せられている。

そして、闇。

後ろに吊られた板の裏にもライト。

見方によっては追い詰められているように見える。

けれど、蝶を追っているようにも見える。

つま先で立つことは、何を意味するのだろうか。

今日の踊りは、いつもの踊りというよりも

泯さんの中にある何かを搾り出しているようにも感じた。

表情は、もはや日ごろの泯さんではなく、確かに別の存在になっている。

ライトのあたり方でこれほどまで

肉体も表情も立体化されて違って見えるものなのかと思った。 

 ・



RIMG0018.JPG

 ・

音のない空間ではあったけれど

上のほうから、笙と横笛の音が聴こえた気がした。

突き上げられた両手、しなり続ける肢体、いつしか汗で光り、

息遣いにあわせてアバラが浮き上がってくる。

今日は、ご本人も本当に久しぶりの踊りだったからか、

今までの感じとなんだか違って、

泯さん自身に必要な踊りだった気がしました。

なんといえばいいのかわかりませんが

途中から、自分が子供になって

泯さんにあやしてもらっているような楽しい嬉しい気持ちになった。

今までにそんなことは感じたことはないけれど、

なんだか楽しくて仕方がなかった。


 RIMG0024.JPG

RIMG0022.JPG


 

また、バスで帰ろうと表へ出た。

すると、バスがすでに走り出していた。

「今日は、電車かな?」と思ったら、

すぐ後ろにもバスが来ていて乗ることができた。

乗ったはいいけれど、どこ行きなのだろうか? 

ちょっと、慌ててみてみると『渋谷行』だった。

ラッキーである。

これからもバスで帰ったほうが楽かもしれない。

なんといってもほおっておいても

渋谷か新宿に行ってくれるなんて



 

RIMG0028.JPG



 RIMG0029.JPG

2015.04.14 (火)  plan-B

 田中泯 
「場踊りームニャムニャ」


 



共通テーマ:音楽

2015.01.22 高円寺 Mission's [2015年]

高円寺Mission's

山崎怠雅グループ&高円寺Missions共同企画  「散歩する惑星 Vol.1

・ 

doravideo solo

IMG_1558.JPG

IMG_1560.JPG

IMG_1577.JPG

IMG_1583.JPG

IMG_1585.JPG

IMG_1591.JPG

IMG_1593.JPG

IMG_1597.JPG

IMG_1601.JPG

IMG_1605.JPG

IMG_1611.JPG

IMG_1643.JPG

IMG_1647.JPG

IMG_1653.JPG

IMG_1670.JPG

IMG_1687.JPG

IMG_1703.JPG

IMG_1719.JPG

IMG_1729.JPG

IMG_1764.JPG

IMG_1820.JPG

IMG_1825.JPG

IMG_1836.JPG

IMG_1857.JPG

IMG_1858.JPG

IMG_1895.JPG

IMG_1912.JPG

IMG_1943.JPG

IMG_1970.JPG

IMG_2014.JPG

IMG_2094.JPG

IMG_2150.JPG

IMG_2153.JPG

IMG_2169.JPG

IMG_2199.JPG

IMG_2228.JPG

IMG_2241.JPG

IMG_2275.JPG

IMG_2281.JPG

IMG_2364.JPG

IMG_2396.JPG

IMG_2427.JPG

IMG_2440.JPG

IMG_2445.JPG

IMG_2469.JPG

IMG_2484.JPG

IMG_2514.JPG

IMG_2517.JPG

IMG_2525.JPG

IMG_2542.JPG

IMG_2602.JPG

IMG_2605.JPG

IMG_2631.JPG

IMG_2645.JPG

IMG_2646.JPG

IMG_2649.JPG

IMG_2673.JPG

IMG_2675.JPG

IMG_2693.JPG

IMG_2697.JPG

IMG_2699.JPG

IMG_2749.JPG

https://youtu.be/PCBRZliZO2g

↑ 当日のライヴ映像が、ご覧いただけます

 



共通テーマ:音楽

2014.12.27 新宿 PIT INN 大友良英(G)+吉増剛造(詩) [2014年]

 ・

2014.12.27 新宿 PIT INN

大友良英(G) + 吉増剛造(詩)

DSC00010.JPG

DSC00018.JPG

DSC00013.JPG   IMG_1022.JPG

IMG_1024.JPG

IMG_1038.JPG

IMG_1046.JPG

IMG_1068.JPG

IMG_1081.JPG

IMG_1083.JPG

IMG_1085.JPG

IMG_1088.JPG

IMG_1090.JPG

IMG_1096.JPG

IMG_1100.JPG

IMG_1109.JPG

IMG_1110.JPG

IMG_1111.JPG

IMG_1113.JPG

IMG_1117.JPG

IMG_1123.JPG

IMG_1124.JPG

IMG_1127.JPG

IMG_1129.JPG

IMG_1134.JPG

IMG_1140.JPG

IMG_1150.JPG

IMG_1159.JPG

IMG_1166.JPG

IMG_1171.JPG

IMG_1178.JPG

IMG_1179.JPG

IMG_1181.JPG

IMG_1183.JPG

IMG_1186.JPG

IMG_1198.JPG

IMG_1205.JPG

IMG_1210.JPG

IMG_1212.JPG

IMG_1223.JPG

IMG_1245.JPG

IMG_1249.JPG

IMG_1254.JPG

IMG_1255.JPG

 IMG_1258.JPG

IMG_1260.JPG

IMG_1261.JPG

IMG_1270.JPG

IMG_1271.JPG

IMG_1272.JPG

IMG_1283.JPG

IMG_1291.JPG

IMG_1293.JPG

IMG_1298.JPG

IMG_1302.JPG

IMG_1303.JPG

IMG_1309.JPG

IMG_1310.JPG

IMG_1320.JPG

IMG_1333.JPG

 IMG_1341.JPG

IMG_1350.JPG

IMG_1354.JPG

IMG_1360.JPG

IMG_1319.JPG

IMG_1366.JPG

IMG_1362.JPG

IMG_1379.JPG

IMG_1389.JPG

IMG_1393.JPG

IMG_1400.JPG

IMG_1408.JPG

IMG_1414.JPG

IMG_1417.JPG

IMG_1421.JPG

IMG_1424.JPG

IMG_1438.JPG

IMG_1454.JPG

IMG_1460.JPG

IMG_1474.JPG

IMG_1477.JPG

IMG_1479.JPG

IMG_1491.JPG

IMG_1509.JPG

IMG_1515.JPG

IMG_1516.JPG

IMG_1517.JPG

IMG_1530.JPG

IMG_1534.JPG

IMG_1544.JPG

IMG_1558.JPG

IMG_1565.JPG

IMG_1574.JPG

IMG_1579.JPG

IMG_1588.JPG

IMG_1589.JPG

IMG_1601.JPG

IMG_1614.JPG

IMG_1616.JPG

IMG_1624.JPG

IMG_1629.JPG

IMG_1638.JPG

IMG_1641.JPG

IMG_1644.JPG

IMG_1646.JPG

IMG_1647.JPG

IMG_1649.JPG

IMG_1660.JPG

IMG_1671.JPG

IMG_1682.JPG

IMG_1692.JPG

IMG_1703.JPG

IMG_1709.JPG

IMG_1726.JPG

IMG_1732.JPG

IMG_1737.JPG

IMG_1742.JPG

IMG_1750.JPG

IMG_1756.JPG

IMG_1757.JPG

IMG_1763.JPG

IMG_1771.JPG

IMG_1774.JPG

IMG_1782.JPG

IMG_1790.JPG

IMG_1796.JPG

IMG_1806.JPG

IMG_1809.JPG

IMG_1811.JPG

IMG_1813.JPG

IMG_1821.JPG

IMG_1823.JPG

IMG_1845.JPG

IMG_1851.JPG

IMG_1869.JPG

IMG_1888.JPG

IMG_1902.JPG

IMG_1903.JPG

IMG_1906.JPG

IMG_1911.JPG

IMG_1913.JPG

IMG_1914.JPG

IMG_1917.JPG

IMG_1918.JPG

IMG_1921.JPG

IMG_1924.JPG

IMG_1934.JPG

IMG_1939.JPG

IMG_1945.JPG

IMG_1948.JPG

IMG_1956.JPG

IMG_1959.JPG

IMG_1960.JPG

IMG_1961.JPG

IMG_1971.JPG

IMG_1972.JPG

IMG_1975.JPG

IMG_1978.JPG

IMG_1980.JPG

IMG_1982.JPG

IMG_1988.JPG

IMG_1991.JPG

IMG_1993.JPG

IMG_1994.JPG

IMG_1998.JPG

IMG_2002.JPG

IMG_2003.JPG

IMG_2007.JPG

IMG_2009.JPG

IMG_2014.JPG

IMG_2015.JPG

IMG_2016.JPG

IMG_2017.JPG

IMG_2019.JPG

IMG_2021.JPG

IMG_2022.JPG

IMG_2024.JPG

IMG_2027.JPG

IMG_2039.JPG

IMG_0103.JPG

 https://www.youtube.com/watch?v=5K8bQTeUYFw  -01

https://www.youtube.com/watch?v=EkVak6jw6Vg   -02

↑ 当日の映像をご覧いただけます。



共通テーマ:音楽

2014.12.27 新宿 PIT INN 鈴木昭男(音具) [2014年]

大友良英 年末4デイズ 6連続公演

鈴木昭男(音具)

IMG_0118.JPG

IMG_0136.JPG

IMG_0144.JPG

IMG_0152.JPG

IMG_0167.JPG

IMG_0184.JPG

IMG_0205.JPG

IMG_0226.JPG

IMG_0237.JPG

IMG_0276.JPG

IMG_0299.JPG

IMG_0305.JPG

IMG_0308.JPG

IMG_0324.JPG

IMG_0332.JPG

IMG_0336.JPG

IMG_0363.JPG

IMG_0374.JPG

IMG_0392.JPG

IMG_0401.JPG

IMG_0408.JPG

IMG_0424.JPG

IMG_0430.JPG

IMG_0435.JPG

IMG_0447.JPG

IMG_0472.JPG

IMG_0487.JPG

IMG_0512.JPG

IMG_0517.JPG

IMG_0521.JPG

IMG_0550.JPG

IMG_0555.JPG

IMG_0562.JPG

IMG_0586.JPG

IMG_0593.JPG

IMG_0607.JPG

IMG_0627.JPG

IMG_0663.JPG

IMG_0674.JPG

IMG_0690.JPG

IMG_0701.JPG

IMG_0706.JPG

IMG_0719.JPG

IMG_0720.JPG

IMG_0725.JPG

IMG_0736.JPG

IMG_0739.JPG

IMG_0741.JPG

IMG_0746.JPG

IMG_0758.JPG

IMG_0763.JPG

IMG_0784.JPG

IMG_0790.JPG

IMG_0789.JPG

IMG_0799.JPG

IMG_0812.JPG

IMG_0820.JPG

IMG_0824.JPG

IMG_0834.JPG

IMG_0835.JPG

IMG_0836.JPG

IMG_0854.JPG

IMG_0863.JPG

IMG_0907.JPG

IMG_0908.JPG

IMG_0915.JPG

IMG_0933.JPG

IMG_0935.JPG

IMG_0938.JPG

IMG_0969.JPG

IMG_0971.JPG

IMG_0975.JPG

https://www.youtube.com/watch?v=6WOQHgYcMq0

↑ 当日の映像をご覧いただけます。



共通テーマ:音楽

2014.07.21  Loft PlusOne West [2014年]

 ・


大阪、宗右衛門町「Loft PlusOne West
山崎春美のこむらがえる夜 第三夜:山本精一
ゲスト/山本精一 JOJO広重
OPEN 18:00 / START 19:00

前売¥2,100 / 当日¥2,600(飲食代別)1オーダー500円以上



R0021604.JPG

DSC00001.JPG  

DSC00002.JPG


DSC00012.JPG

ステージに座ると「イレブンPMみたい...」と

こそっといいながら何かうれしそうに微笑んでいる山本さん。

子供の頃にみたその番組のことを思い出して、

『そおいえば、あの乳首につけたフサフサを

  くるくる回すのを見てやってみたかったなぁ』

とはいえ、子供だったのでそれもできず、

ある意味できる頃を過ぎてしまった…. なんて、

ふと思いつつ聞いていた・笑。


DSC00003.JPG

たこ焼きを頼んでみました。 ベニ生姜が中に入っていないのに驚きました。

どなたかのライヴでその出演者の方が用意した牛の生首のものすごい臭いに

「俺、始めて本気の死臭を嗅いだ。」

と、ものすごい顔をして山本さんがいった。

ベアーズに充満したその臭いに

入ってきたお客さんがことごとく嗚咽嘔吐したという。

JOJOさんたちが、豚の生首をライヴで投げてもあんな臭いはしない、

牛の臭いはすごいとの山本さんの意見に

内心では

『きっと、牛のかしら()をちゃんと血抜きもせず、

脳も入っていたんだろうなぁ』

『JOJOさんたちが使う豚のかしらは、

調理用に血抜きもされていてほとんどゼラチン質の皮だけだからなぁ』

などと、興奮状態で話す山本さんの内容に

肉屋的な反応をしていた自分であった。

ただ、普通そんな状態の牛の生首なんて売らないものなのだそうだけれど。 

ちなみに現場スタッフは

豚のかしらを「ちょはっかい」と呼んでます・笑


 ・

そんな話の合間に ボスの話がちらほら・笑。

困った時の灰野さんなのだそうです。


・ 

面白かったけれど、

耳にしたことのある名前・聞きかじったことのあるライヴの出来事、

話の2割くらいしか理解できなかったと思う。



 ・

政治性かぁ、

ノイズ音楽界からそろそろ政治家が出ても面白いかもしれない。

いろいろと過去のことをいわれたら

「僕らは、隠し事はないですから」と言えるのではないかな。

隠し事ばかりの政治家よりも

よっぽと明々白々でクリーンなのかもしれない。


 ・

山本さんいわく「俺は、人生の愉快犯」

 ・

JOJOさんいわく「ドラマーが、次々と狂ってくる。

山本さんが気違いだから気違いは伝染するんです。」

ドラマーに対しての欲求が強いという山本さん。

その山本さんの期待・欲求にこたえようとするまじめな人が

限界を超えてしまうのだろうか?

その点、津山さんは津山さんなので大丈夫だそうです・笑。

大槻さんは「気違いの巻き添えはごめんだ」とギタリストに逃げられた・笑。

学生の頃、隣の席になる人たち何人にも

「○○さんの隣にいると頭がおかしくなる。」と言われ続け、

妹からも「あんたと話してると気違いになる。」と泣いて言われ、

職場の何人かを神経質に追い込んだものの....

誰も気違いにしていない私は内心

『自分は、まだまだだな』とうなづいていた。

UFO CLUB

PAに注文をつけていた時の山本さんを描いた絵

山崎さん画

「返しのモニターが

聞こえへん、とか

そんな世界ちゃうねん!

なんでもええから音上げてぇゃ!」

 R0021609.JPG

 

『そおゆう世界とちゃうから.... もぅ、そういわれたらしゃあない

R0021608.JPG

人には、いろいろな世界があるのだ。

なんでだか似ているように見えるのが不思議・笑。

DSC00004.JPG

DSC00005.JPG


山本さんのトンでも行動もちらほら・笑。

どこぞの交差点の真ん中で自転車をまくらに酔いつぶれて寝ていて

起きたらまわりに人垣ができていた。

パトカーもおまわりさんもいてすっかり死体扱いされていたという。

「酒飲んでたらチャリンコは、あぶない

日本酒はあぶない...チャリンコ飲んでたら...」

山本さんが、間違えて「チャリンコを飲む....」というと

JOJOさんが「チャリンコ飲んでない」

山崎さんが「チャリンコ飲んだら終わり....」間髪おかずに突っ込む。

こんな話を聞くとふと道端に

山本さんが落ちていたら自分はどうするだろうか?

と、またまた、妄想していた。

まずは、よくよく本人確認をし・笑、

ぐっすりと眠っているようであれば、いろいろな角度からしばし眺め、

頬や胸辺りを突いてみるだろうなぁ....髪を引っ張ってみたり....

結構、楽しめそうな気がしてニタニタとしてしまった。

落ちてないかな山本さん・笑。

ライヴに手ぶらでくる、本当にホテルに忘れてきたとのこと。

フリーハンドライヴ....

山本さん本体が楽器であり、

音楽なのか???  なんて思ったりした・笑。


 ・

山崎さんの漫画は、切り張りから始まったという….

ストーリーの罠にかからないように…. 言葉の妙だ・笑。

JOJOさんいわく

「二人の共通点は、二人共文章がすごいんだけど、

読んだあとに何も残らない・笑」


DSC00008.JPG
 ・

山本さんいわく『コードを弾いたらノイズじゃない、カオティックギター』

『俺は、バンカラやから、男はケンカが強くて○○やと....』

「わしがどうしようもなくなったら、止めてな」

とJOJOさんに言っていた。

山本さんが山崎さんにインテリだというと

「人をインテリに追い込む」と、山崎さん。

おもしろい言葉の表現がごろごろとある。

DSC00010.JPG

こっくりさんの話もなにか出てきた。

山本さんがやったことある人?とお客に声をかけたので

手を上げると

「まぁ、女子やな」(女の人がほとんど)というと

両脇から「女子っ ?」

JOJOさんも山崎さんもやっていたので

またまた突っ込み?

意外と山本さんがボケで

JOJOさん山崎さんが突っ込みという感じのように見えた。

左右からのダブル突っ込みも

我流山本五十六(勝手につけました・笑)からしたら

なんのそので、いざという時には、

人の話聞かない聞いてない戦法があるのだ・笑。

DSC00011.JPG

R0021610.JPG

 JOJOさんがなぜ占いを始めたのか

「人はなんで死ぬんだろう」というところからだそうだ。

確かに良い人も悪い人も生き方に関係なくやってくる『死』。

山本さんのいろいろな表情が見られて楽しかった。

すっごく悪い人の顔(何かを画策しているような・笑)

それをみて「ほら、この顔」と

JOJOさんが満面の笑みで指をさす。

JOJOさんが「あんた、俺は○○で○○やっていってたでしょ」というと

山本さんが「なにを...」とJOJOさんに口止めしていて

その意味がわからないので山本さんのあわてぶりがわからなかった。

R0021612.JPG

最後に質問コーナーとなったのだけれど、なかなか質問が出ず、

山本さんが「1000円.... 1200円.... 1500円....」と

質問した人にあげるから誰かいないのかという。

最後に「今日の分タダにしたる」と付け加えたけれど、

その時にはいなかった。

目の前に座ってしまっていたので

つい1500円の時に何も考えずに手をあげそうになった・笑。

ステージ上の人たちは

あんな何やら期待感のある目でいつも見られているのか?

いつもとは逆の状態になって思った。

ずっと昔に大槻さんがステージ上から

「そんな何かしてくれるんだろうなぁって目で俺を見るなよっ」と

叫んでいたことを思い出した・笑。

なんだか三人の男子学生が楽しそうに話しているのを

横で聞いて笑っているような気分になった。

※ 若干、言葉のニュアンスが違うところがあるかもしれません。

R0021611.JPG

JOJOさんがライヴ前に轟音を出した途端に

座っていた真上の空調から、かなりの量のほこりがハラハラと降ってきた・笑。

となりの女の子と顔を見合わせて笑ってしまった。

R0021610.JPG

バス停の近くで見つけました。 かなり低い位置だ。

 R0021593.JPG  R0021591.JPG

R0021595.JPG

R0021596.JPG

 

まだ、七夕の飾りがありました。

 ・

R0021597.JPG  R0021598.JPG

R0021599.JPG

・ 

大好きな猫じゃらし....

・ 

R0021600.JPG

・ 

地下道のにょろにょろ.....

・ 

R0021601.JPG  R0021602.JPG

・ 

R0021603.JPG

R0021614.JPG

R0021617.JPG

・ 

いたるところのネオンがすごい 

・ 

R0021619.JPG

R0021620.JPG

R0021624.JPG



共通テーマ:音楽

2014.05.23 ブレスパッセージ2014 京都 [2014年]

R0020817.JPG

2014.05.23(金) ブレスパッセージ2014 京都


会場:京都・同志社大学寒梅館ハーディーホール

出演:田中泯、姜泰煥、山本精一、中村達也

開場18:30/開演19:00

最前列の中央に座れた。

一部/

ステージの左には、中村さんのドラムセット、

中央には姜泰煥さんの為の少し高い台座、

右には山本さんのギターがあった。

ステージのずっと奥の壁には、三本の笹のついている竹が立ててある。

私は、はじめこの笹がよく見えなかったので

壁に墨で何かを描いてあるのかなと思っていた。

今日の泯さんは、なにかモデルのような動きにみえた。

そして、やはり動いているのに ほぼ音がしない。

動きに意味があるのかないのか、猫のように足音はしない。 

肉球のように足の裏がやわらかいのだろうか? 

泯さんの足の裏に触ってみたいというアホな衝動を思ったりした・笑。 

ステージの前と後の壁とでは、まるで景色が違って見える。

音楽があるとないとでも やっぱり違う。

動きは、音に影響されるのだろうか? 

観ているほうは、かなり影響されるように思う。

泯さんが、壁の後にあった長めの竹を持った。

竹を持ち、高く掲げることで空間が視覚が上へと広がって感じられる。

笹の音もすごくいい。

ただ、これは私の席だったから聴こえたかすかな贅沢な音だったのだと思う。

中村さんのドラムは、低く響き渡って和太鼓のような印象。

泯さんの影が、床で壁で踊る。

高く掲げてゆっくりと振り回すと笹がちらほらと落ちるのもすごくいい。

山本さんが加わると次第に音が広く広く散らばった。 

泯さんの今日の動きは、とても人間ぽく感じた。

plan-B で何度か観ている泯さんの動きとはなんだか感じが違うようにみえた。

踊っている影は、まるで青年のようにもみえる。

三人の音が、どれも地面から沸きあがるようで 

泯さんは三人の音と戦っているようにも感じた。

3対1だ。

山本さんのギターの格好いいこと。

 そして、ドラムも。

三人が容赦なく音を刻む。

大胆な音を出す人が、どれだけ繊細な心持であるのかは

ここ何年かで知った貴重な感覚だ。

姜泰煥さんの音が、会場中をぐるぐると流れる中、

小さなギターの音が、刻み込まれる。 

二部/

はじめは、泯さんが一人。

plan-Bでみる泯さんの動きに近い。 

床と足の裏の擦れる音と布のすれる音がする。 

ほんとうにたぶんステージの前のほうの人にしか聴こえないような贅沢な音。 

静かな静かな命のある音だ。 

手を叩く音、床を踏みしめる音、胸をたたく音、

さっきまで会場を埋め尽くしていた音とは違う、

けれど、存在感のある、人間の音だ。 

集中していなくては聴き逃してしまう音。

そこへ、ギターの音、泯さんが着ていた着物を床にあてる音。

かすかな分、集中して聴き入る。 

中村さんが、ステージの後ろのほうを走って登場した。

和太鼓のように入り込む、激しい鼓動のようだ。

ギターとドラムのこれはまさに雷神と風神かと思わせるような

すさまじい二人の音の中、姜泰煥さんが静かに登場した。

 

そんな激しい音の中なのに姜泰煥さんだけがとても静かな佇まいをしていて、

まるで修行僧のようにも見えて格好よかった。 

そして、ゆっくりと姜泰煥さんの音がなる中、

山本さんの反響するようなギター、

キンキンとゴリゴリとドラムの音を細かく刻んでゆく中村さん。 

その中に泯さんが床を這うように加わる。 

ステージの1/2くらい下で音が濃くとどまっているように感じた。 

泯さんは、蠢くように床で動き続ける。 

そして、いつしか、ギターとドラムがまた暴れまくる。

もはや、自分がどこにいるのかさえ、わからなくなった・笑。

はじまってからずっと、3対1かと思っていた目の前の出来事。 

けれど、次第に3対0なのだと感じた。 

その0(ゼロ)は、無くなる瞬間であり、現れる瞬間の0(ゼロ)なのだ。 

何かか消え失せた滅したその刹那であり、

何かか発生する誕生するというその刹那。 

泯さんは、その無・滅と有・生を瞬時にいったりきたりして漂っているのかもしれない。 

そんなふうに一人で勝手に思って感動していた。

そんな面持ちの中、宇宙空間みたいな音の山本さん、

鐘のようにシンバルを叩く中村さん。

 

泯さんの見据えるような眼(まなこ)は、何かを見ているのかいないのか? 

中村さんは、セットの反対側に来てドラムを叩く・笑。 

なんだか、天真爛漫な太鼓の化身のようだ。

山本さんの指先が動くごとに爪弾くのとは違う弦に細かくあたる音がする。 

山本さんの低い音が、遠くで聴こえてくる除夜の鐘のように聴こえる中、

姜泰煥さんが一吹きして終わった。

アンコール/

ステージを泯さんが歩き回る。 

姜泰煥さんと中村さんの音、山本さんの音がぽつんぽつんと加わり、

三つの音がゆらゆらしたり、激しくぶつかって終わった。

今回の音は、本当に贅沢なほどに いろいろな音が聞けたと思う。 

ロックであったり、ジャズであったり、雅楽であったりした。



そうだ、山本精一さんは帽子をかぶっていなかったな、今日は.....




R0020792.JPG

京都についた頃は、曇っていました。

R0020793.JPG

地下鉄の色彩が派手で見やすかった・笑

R0020794.JPG

安いネットカフェで時間つぶし、枝豆のスープが意外とおいしかった。

R0020797.JPG

R0020798.JPG R0020799.JPG

R0020801.JPG R0020802.JPG

R0020803.JPG

R0020805.JPG

R0020807.JPG

R0020808.JPG

本当にいい天気で 暑かった。

無駄に高いビルがなくて 空が気持ちよさそうだった。

R0020811.JPG

R0020814.JPG

木の皮とか、敷石とか

お寺よりも変な所ばかり撮っていたので

行き交う人に不思議そうに見られるのにも ずいぶんとなれたと思う・笑。

ずっと先の木に止まっているカラスの飛び立つところが撮りたくて

ただひたすらに構えたまま動かなかったりして、挙動不審なのである、ふふっ~ ♪

R0020815.JPG

迷わない程度に 辺りを徘徊する・笑。

平日だったので 学生さんたちがたくさんいました。

R0020820.JPG



共通テーマ:音楽

2013.12.27 新宿 PIT INN 吉増剛造+大友良英 DUO  [2013年]

2013.12.27 大友良英 年末4デイズ


吉増剛造(詩)+大友良英(音)

IMG_0755.JPG

IMG_0756.JPG

IMG_0757.JPG

IMG_0758.JPG

IMG_0761.JPG

IMG_0765.JPG

IMG_0771.JPG

IMG_0779.JPG

IMG_0781.JPG

IMG_0783.JPG

IMG_0787.JPG

IMG_0801.JPG

IMG_0802.JPG

IMG_0808.JPG

IMG_0809.JPG

IMG_0810.JPG

IMG_0811.JPG

IMG_0814.JPG

IMG_0818.JPG

IMG_0820.JPG

IMG_0821.JPG

IMG_0822.JPG

IMG_0824.JPG

IMG_0825.JPG

IMG_0826.JPG

IMG_0827.JPG

IMG_0830.JPG

IMG_0832.JPG


IMG_0833.JPG

IMG_0835.JPG

IMG_0840.JPG

IMG_0842.JPG

IMG_0849.JPG

IMG_0851.JPG

IMG_0852.JPG

IMG_0855.JPG

IMG_0857.JPG

IMG_0858.JPG

IMG_0861.JPG

IMG_0865.JPG

IMG_0869.JPG

IMG_0871.JPG IMG_0872.JPG

IMG_0876.JPG

IMG_0880.JPG

IMG_0882.JPG

IMG_0888.JPG

IMG_0890.JPG

IMG_0891.JPG

IMG_0895.JPG

IMG_0900.JPG

IMG_0902.JPG

IMG_0904.JPG

IMG_0907.JPG

IMG_0911.JPG

IMG_0912.JPG

IMG_0914.JPG

IMG_0919.JPG

IMG_0920.JPG IMG_0921.JPG

IMG_0929.JPG

IMG_0934.JPG

 IMG_0935.JPG

IMG_0938.JPG

IMG_0941.JPG

IMG_0948.JPG

IMG_0952.JPG

IMG_0954.JPG

IMG_0958.JPG

IMG_0961.JPG

IMG_0964.JPG

IMG_0968.JPG  IMG_0969.JPG

IMG_0971.JPG

IMG_0973.JPG  IMG_0976.JPG

IMG_0978.JPG

IMG_0987.JPG

IMG_0996.JPG

IMG_1001.JPG

IMG_1006.JPG  IMG_1009.JPG

IMG_1010.JPG

IMG_1012.JPG  IMG_1013.JPG

IMG_1014.JPG

IMG_1016.JPG

IMG_1017.JPG

IMG_1020.JPG

IMG_1026.JPG

IMG_1031.JPG

IMG_1034.JPG

IMG_1036.JPGIMG_1034.JPGIMG_1034.JPGIMG_1034.JPG

IMG_1041.JPG

IMG_1042.JPG

IMG_1047.JPG

IMG_1048.JPG  IMG_1050.JPG

IMG_1052.JPG

IMG_1055.JPG  IMG_1056.JPG

IMG_1058.JPG

IMG_1060.JPG

IMG_1064.JPG

IMG_1069.JPG

IMG_1071.JPG

IMG_1082.JPG

IMG_1084.JPG

IMG_1090.JPG

IMG_1094.JPG

IMG_1100.JPG

IMG_1115.JPG

IMG_1117.JPG

IMG_1121.JPG

IMG_1123.JPG

IMG_1125.JPG

IMG_1127.JPG

IMG_1128.JPG

IMG_1129.JPG

IMG_1133.JPG

IMG_1137.JPG

IMG_1138.JPG

IMG_1139.JPG

IMG_1150.JPG

IMG_1154.JPG

IMG_1157.JPG

IMG_1159.JPG

IMG_1162.JPG

IMG_1165.JPG

IMG_1171.JPG

IMG_1175.JPG  IMG_1178.JPG

IMG_1179.JPG

IMG_1181.JPG

IMG_1185.JPG

IMG_1187.JPG

IMG_1189.JPG

IMG_1190.JPG

IMG_1195.JPG

IMG_1198.JPG

IMG_1202.JPG

 

IMG_1205.JPG

 

IMG_1206.JPG

 

IMG_1207.JPG

 

IMG_1209.JPG

 

IMG_1211.JPG

 

IMG_1210.JPG

 

IMG_1213.JPG

 

IMG_1219.JPG

 

IMG_1224.JPG

IMG_1226.JPG

IMG_1228.JPG

IMG_1229.JPG

IMG_1232.JPG

IMG_1234.JPG

IMG_1235.JPG

http://www.youtube.com/edit?video_id=TVVtB2t-Mek

当日の映像をご覧いただけます ↑




共通テーマ:音楽
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。